駐車場経営 不動産投資 アパートローンの金利 失敗
フルローン リフォーム 立ち退き料 少額でもできる不動産投資

 アパートローンの金利を比較してみた

投資用マンションを購入するときに、全額現金(キャッシュ)で払えるほど裕福な人は少ないと思います。 節税の観点からも融資を受けたほうが良いでしょう。(不動産投資の節税のページ参照) そこで、不動産初心者の私が、資金調達の方法を分かりやすく簡単にまとめてみました。



すでに自分のローンを完済した持ち家がある人、投資用アパートなどを所有している人は、不動産担保ローンが利用できます。 これは所有している不動産を銀行などの金融機関に担保に差し出して、低金利で何千万円から数億円といった大金を借り入れることができる仕組みです。

税理士事務所 借地権者 防水 入居率 満室 高齢者専用賃貸住宅
価格交渉 間取り 基準 上場企業 予算 経費


でもうちの建物は古くてとても担保として評価されないと思っている方でも大丈夫です。 土地が担保になりますので、額は少なくなりますが、低金利で融資してくれる銀行は多いです。 銀行によって貸出条件は異なっていますので比較して最適なプランを検索してみましょう。

無担保ローンをアパートローンの代わりにしようとする人もいますが、金利が高すぎて、担保ローンと比較すると全く収支が合わないことがわかります。 収入があればだれでも借りられる多目的ローンや無担保ローンの金利は10%程度あり、アパートローンの2%〜7%と比較すると非常に高い数値となります。

東京スター銀行のアパートローンの融資額は1億円までとなっていて、地方物件のアパートだったらほぼカバーできる金額となっています。 融資期間も20年間あり、年間の利回りが10%とすると10年で資産が倍になりますので十分返済計画がたてられます。 仮に生活資金を積立金から崩したり、修繕費用が多めにかかってしまったとして利回りが8%程度まで落ち込んだとしても十分なリターンが期待できる計算ですね。

土地活用といえば駐車場経営かアパート経営、そしてマンション投資の3種類が王道です。 アパートローンを利用するためには基準というか条件があって、年収が200万円以上あって年齢が20歳以上の個人という目安があります。

みずほ銀行では固定金利だと融資期間は2年以上、35年以内となっていて、連帯保証人が必要です。

競売

高利回り

入居の時期
耐用年数

空室の写真

保証金と敷金
瑕疵担保責任

修繕費

根抵当権
家賃保証手数料

青色申告

年収
ニッセイといえば保険会社として有名ですが、アパートローンの取り扱いがあります。 基本金利は、固定金利の場合3.34%から4.03%となっていて、期間が長くなればなるほど高くなります。

変動金利を選択すると、長期だと1.40%と非常に低く、短期だと2.675%と固定の場合と逆に高くなります。 プライムレートによってパーセンテージは変化しますので、経済状況を調べていくうちに不動産や金融の知識も自然とついてくるでしょう。